風俗のバイトの登竜門

溢れかえるライトサービス系の風俗

今や風俗の求人サイトを見ると、簡単に「ソフトサービス」や「ライトサービス」といった文言を見つけることが出来ると思います。いわゆるライト風俗と呼ばれる比較的新しい業種の風俗です。代表的なライト風俗には「オナクラ」と「性感エステ」があります。どちらも男性客から体を触られることは無く、お客さんのオナニーを見てあげたり、手を使って手伝ってあげるサービスになります。
 風俗のバイトをしたことが無い未経験者でも働きやすく、知らない人とキスやエッチなことなんて出来ないと思っている普通の女の子でも挑戦しやすいことから、小遣い稼ぎ程度に働きたい女の子と若い女の子をたくさん集めたい風俗店のニーズが合致したことにより、注目を浴びています。もちろん簡単なサービスしか無い風俗店なので、デリヘルやソープランドのお給料と比べると格段に低くなります。
 しかし、ライト風俗に関しては高収入を稼ぐ為というよりは、風俗のバイトの入り口としての役割を担っている印象が強いと言えます。
 それでは、これから細かく内容を紹介していきますが、前回にお話した通り、私自身はライト風俗系のお店で働いたことがありませんので、友人から聞いた話が基になっています。お店によっては、サービス内容に違いがあるかもしれませんので、実際にお店に問い合わせをする際には、各自でサービス内容を確認することを忘れないようにしてくださいね。

ライト風俗の代名詞、オナクラ

ライト風俗と言えばオナクラ オナクラとは、オナニークラブの略で、風俗店であるにも関わらず、お客さんとの接触が一切無いサービスもあります。信じられませんよね。しかし、世の中には自分がオナニーをしている姿を女の子に見てもらいたいという珍しい人もいるようで、このようなサービスが生まれました。オナクラの求人広告では「3無い」という文言をよく見かけることになると思いますが、これは「脱がない、舐めない、触られない」ということを意味しています。つまり、この文言があれば、そのお店にはお客さんとの接触が一切無いサービスがあるということにあります。
 しかし、実際にはほとんどのケースで手コキといって、手でお客さんのオナニーを手伝うサービスがあると思っていて間違いありません。また、オナクラで高収入を稼ぐ為に重要なポイントとなるのが、有料オプションになります。有料オプションには「上半身裸」や「キス」といった形で追加のサービスに対してお金が発生することになります。つまり、求人広告に載っていた「3無い」というのは基本サービスのことで、実際に働いてみると、たくさん稼ぎたいのであれば、有料オプションをしてくださいということなので、脱ぐことも触られることも十分にあり得ます。どこまでするかは女の子次第ということです。
 お給料に関しては、基本サービスであれば時給2,000円程度と考えて良いと思います。有料オプションなども含めると時給5,000円~10,000円くらい稼げることになります。

マッサージ主体の性感エステ

性感エステはマッサージがメイン オナクラと並び人気のライト風俗が、性感エステになります。こちらはマッサージをメインサービスとした風俗店で、最終的には女の子が手を使ってお客さんをイカせることになります。
 風俗店とはいえ、マッサージの技術は本格的なお店が多く、中には性感エステ店から本格的なマッサージ店へと転職する女の子もいるくらいです。マッサージの種類も豊富で、アロママッサージに特化したお店ではアロマの知識も勉強出来るケースがあるそうですよ。
 性感エステ店でもオナクラと同じように有料オプションがありますが、こちらの場合は、制服を脱いで裸でマッサージをするものがメインで、キスやお客さんに触られるお店は少ないです。
 お給料は、時給4,000円~5,000円ほどと比較的高くなっていますが、その分、有料オプションを入れても時給7,000円くらいまでしか上がりません。バイト先の条件がソフトサービスのお店である場合には、性感エステ店が効率的に稼ぐことが出来るので向いているのではないでしょうか。

ライト風俗の落とし穴

このように、ライト風俗は他の風俗のバイトよりもお給料が低いとは言え、一般的なバイトよりも高収入を稼ぎやすいことに間違いはありません。その為、未経験者の女の子が集まりやすのも事実です。しかし、こんなにもライト風俗が流行っている理由には、風俗店による風俗嬢を増やす為の巧妙な仕掛けがあるからでもあるんです。
 実は、オナクラや性感エステ店というのは、同じお店でデリヘル店を経営しているケースが多く、純粋なオナクラ店や性感エステ店というのは少ないのです。それは何故かというと、ライトサービスで女の子を集めて、最終的にはデリヘル店で働いてもらう事が目的だからです。このようなお店の特徴として、毎月女の子のお給料をランキング形式にして発表するというものがあります。そうするとランキング上位の女の子は全てデリヘルで働く女の子となり、ライト風俗で働いている女の子の給料とは大きな差があることを自然な流れで周知することができます。
 さらにライトサービスとはいえ、風俗であることに変わりはありませんので、長く働くほどに風俗サービスへの抵抗が薄れて慣れてきます。そうするともうちょっと過激なサービスでもいいやという気持ちになり、加えてお給料が格段に高くなりますので、これだけたくさんのお給料を貰えるならデリヘルで働いてみようかなという気持ちが生まれやすいのです。私の友人はまさにこのケースで、オナクラに入店した3ヶ月後にはデリヘルへと移籍したそうですし、周りの女の子も半年もいれば自然とデリヘル嬢へと変わっていたようです。こうして風俗店は本来のメインサービスであるデリヘル店の女の子を増やしているのです。もちろん、同じ店とはいえ、オナクラからデリヘルへと移籍すると新人扱いとなりますので、始めの内はお客さんを優先的に付けてもらえる特典などもありますが、お給料の高さに目が眩んで自分を見失いやすい環境があるということも頭に入れておく必要があるのではないでしょうか。
 どんな職業であれ、大事なことは自分を見失わないことだと思います。お金ばかりを追いかけて、気付いた時には自分自身がすっかり変わってしまっていたなんていうことでは、前向きに働くことが出来ませんからね。特に風俗というお仕事はサービス業ですから、自分に不満がある状態で接客をすれば、お客さんを癒すことなど出来ませんし、満足だってしてもらえないですからね。